ニュース

マンパワーグループ、手書きの書類・帳票をデータ化する「ManpowerOCR」サービスを開始

マンパワーグループ、手書きの書類・帳票をデータ化する「ManpowerOCR」サービスを開始

2020/05/19

AI技術を利用した「ManpowerOCR」サービスで組織のデジタルトランスフォーメーションを実現

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下「マンパワーグループ」)は、手書きの書類や帳票の文字を読み取りデータ化するサービス「ManpowerOCR with AI inside」の提供を開始、組織のデジタルトランスフォーメーション・業務効率化を支援します。

組織のデジタルトランスフォーメーションを支援する「ManpowerOCR with AI inside」とは

テレワークや在宅勤務の導入が進む中、組織にとってデジタルトランスフォーメーションは、喫緊の課題です。手書きの書類や帳票の文字を読み取りデータ化するサービス「ManpowerOCR with AI inside」は、従来「紙や書類の入力」が必要だった業務をAIでデータ化。読み取り結果をファイルに出力する事により、書類・帳票処理業務の稼働削減を実現します。また、「ManpowerRPA」※1を併せて導入していただく事で、業務を定型化し自社システムに取り込むことも可能になります。

>本サービスのご利用には、スキャナー等の帳票類を電子化する機器及びインターネット環境が必要です。
>本サービスは、AI inside 株式会社の「DX Suite」を活用しています。
※1「ManpowerRPA」詳細はこちらのURLをご確認ください。 https://www.experis.jp/howto-rpa/rpa-10.html/

manpower_ocr.png

「ManpowerOCR with AI inside」の特長

1.AIの活用による高い識字率 
  ディープラーニング・住所DB等を用いた補正による高い識字率
2.直観的な操作が可能
  ITに詳しくない方でも感覚的に操作可能、設定や操作を年中無休で遠隔サポート
3.自動化による大幅な稼働削減 
  スキャン後は社内システムへのデータ投入まで自動化、手作業の部分を大幅に削減

「ManpowerOCR with AI inside」の活用事例※2

・賃貸不動産A社
  賃貸契約申込書のデータ化→基幹システムへの投入自動化
・税理士B事務所
  相続業務のための通帳データ化→読み取り結果のエラーチェック
・メーカーC社
  給湯器の登録書データ化→申請書の作成

※2「ManpowerOCR with AI inside」の活用事例詳細は、こちらのURLをご確認ください。
https://www.experis.jp/service/manpower-ocr.html
また、本サービスの説明資料は、こちらのURLからご確認いただけます。
https://form.manpowergroup.jp/manpowerocr_download


本件に関するお問合わせ先
マンパワーグループ株式会社 RPA事業推進チーム:MPG-RPA@manpowergroup.jp

CONTACT

人材育成・組織開発/人事コンサルティングについて

TOP