プロティアン・キャリアドックによるキャリア開発支援

キャリア開発支援を、点の施策から線・面の施策へ

本セミナーは終了しました。アーカイブは以下よりご利用いただけます。

アーカイブ|プロティアン・キャリアドックによるキャリア開発支援

VUCAと言われる不確実性が企業ビジネスに変容を迫り、社員にも自分のキャリアは自分で開発するというキャリア自律が求められる時代になりました。そのような中、社員にキャリアを考える機会を提供する研修を導入する企業が増えてきています。一方で、これらの研修施策ひとつひとつが散発的に行われ、思うように全社に浸透させられていないというお声を聞きます。

本セミナーでは、実際の企業の導入事例をご紹介しながら、研修以外の各種施策(eラーニング、キャリアコンサルティング)を有機的・戦略的に繋げ、効果的に展開していく方法であるプロティアン・キャリアドックの取り組みをご紹介していきます。キャリアの取り組みをしているが散発的・点の施策になってしまっている企業様、キャリアの取り組みはまだこれからだが、中長期にわたって計画的に施策を立案する方法を知りたい企業様に、推進のヒントを得ていただけるセミナーです。現段階でご質問や特に聞きたい内容がありましたら、お申し込みフォームに是非お書き添えください。そこで頂いた内容や当日のご質問にも可能な限り対応したいと思います。

第一部:「企業が抱えるキャリア開発の課題」マンパワーグループ株式会社 シニアコンサルタント 淺原亮一
第二部:「プロティアン・キャリアドックによる全社展開」一般社団法人プロティアン・キャリア協会代表理事 有山徹
第三部:クロストーク/
Q&A

※プロティアンとは、変幻自在という意味。プロティアン・キャリア論とは、いかなる環境においても、社会的ニーズや目の前の問題状況を把握し、自らを進化させていくキャリア論。
※プロティアン・キャリアeラーニング:「プロティアン・キャリア」の考え方と、その実践の方法を学べるeラーニングコンテンツ。

ariyama.png講師:有山 徹
一般社団法人プロティアン・キャリア協会 代表理事

早稲田大学卒業、大手メーカーに就職後、経営コンサルティング会社を経て一部上場のIT企業、デジタル広告企業、ベンチャー企業での管理本部長や経営企画にて中期経営計画策定等の戦略策定並びに大手外資系PEファンドのMBO/IPOプロジェクトグループERPプロジェクト、M&A案件等の数多くのプロジェクトを推進。 早稲田大学大学院MBA/中小企業診断士。2019年7月に経営コンサルティング、キャリア支援事業を行う4designs株式会社を起業。 2020年3月共同代表の法政大学キャリアデザイン学部田中研之輔教授と一般社団法人プロティアン・キャリア協会を設立。

asahara_seminar.png講師:淺原 亮一
マンパワーグループ株式会社 ライトマネジメント事業部 シニアコンサルタント

大学卒業後、大手金融機関に入社。同社にて新規コールセンターの立ち上げのプロジェクトに携わるとともに、主に教育・研修等の企画、推進を10年あまり手がける。その後、株式会社ライトマネジメントジャパン(現マンパワーグループ株式会社)に入社。 人事制度の構築といったハード的な側面のコンサルテーションに加えて年代別のキャリアデザイン研修や上司向け部下のキャリア開発支援セミナー、新入社員研修、チェンジマネジメント研修、評価者研修といったソフト面の施策企画や実施にも幅広く携わる。大手から中小企業まで幅広いクライアントに対するコンサルティング実績を持つ。豊富な経験にもとづいた制度面、運用面、トレーニング面からの体系的なアプローチには定評がある。


開催概要

日時 2022年3月15日(火)15:00~16:30
対象 ・キャリア開発支援施策を実施しているが、各種施策が散発的になっているとお感じの企業様、見直しを検討している企業様
・キャリア開発支援施策の導入を検討している企業様
・研修以外のキャリア開発支援施策(eラーニング、キャリアコンサルティング)に関心のある企業様
会場 オンライン開催(Zoom)
共催企業 一般社団法人プロティアン・キャリア協会
プロティアン・キャリア協会は、プロティアン・キャリア理論の普及と、それにより、変化の大きい新時代に合わせた、個人の自律的で幸福なキャリア開発推進のため設立された一般社団法人です。
注意事項 ・上記セミナーの内容は当日、多少の変更をする場合がございます。
・同業企業からのご出席はご遠慮ください。
・貴社の情報セキュリティポリシー等によりWEBセミナーツールが利用できない場合があります。予めご了承ください。
・撮影、録音、講演コンテンツの再利用目的の参加はご遠慮ください。

CONTACT

人材育成・組織開発/人事コンサルティングについて

TOP