【石山教授登壇】ミドルシニア活性化に向けたキャリア施策

キャリア開発の第一人者による特別セッション

前例も正解も無い時代。組織にも個人にも絶え間ない変革が求められています。

特に、中核を担うミドルシニアが良質な経験と学習を通じて自律性や創造性を発揮することが、組織が変化・成長する鍵となります。

タレントマネジメント/越境的学習/パラレルキャリア等、キャリア論に精通した法政大学大学院石山恒貴教授と、ミドルシニア活性化/上司向けキャリア開発支援など、実務コンサルティングを手掛ける難波猛の2名で【ミドルシニアのキャリア自律】に向けた実践的な施策を考えます。

現段階でご質問や特に聞きたい内容がありましたら、お申し込みフォームに是非お書き添えください。そこで頂いた内容や当日のご質問にも可能な限り対応したいと思います。

プログラム

第一部 【ミドルシニアのキャリア自律~本当に有効なのか、何が課題か~】法政大学大学院政策創造研究科 石山恒貴教授

第二部 【ミドルシニアが不活性化する原因と活性化施策】マンパワーグループ株式会社 シニアコンサルタント 難波猛

第三部 【トークセッション(事前および当日質問に回答)】

お勧めします

  • ミドルシニア、中高年社員の活性化に課題を感じている企業様
  • 社員のキャリア開発に取り組んでいる企業様
  • 環境変化に対応して、成果創出や働き方に変化が必要な企業様
  • 年齢構成や人材分布等、組織の労務構成に課題を感じている企業様

講師

ishiyama-k.jpg石山 恒貴 
法政大学大学院政策創造研究科 教授

博士(政策学)。NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア形成、人的資源管理等が研究領域。日本労務学会副会長、人材育成学会常任理事、フリーランス協会アドバイザリーボード等。

主な著書:『日本企業のタレントマネジメント』中央経済社、『地域とゆるくつながろう』静岡新聞社(編著)、『越境的学習のメカニズム』福村出版、『パラレルキャリアを始めよう!』ダイヤモンド社、『会社人生を後悔しない40代からの仕事術』(共著)ダイヤモンド社、Mechanisms of Cross-Boundary Learning Communities of Practice and Job Crafting, (共著)Cambridge Scholars Publishing.

主な論文:Role of knowledge brokers in communities of practice in Japan, Journal of Knowledge Management, Vol.20,No.6,2016.

 

nanba.png難波 猛 
マンパワーグループ株式会社 ライトマネジメント事業部 シニアコンサルタント、プロティアン・キャリア協会認定アンバサダー

早稲田大学卒業。企業人事、採用コンサルタントを経て、当社入社。日系・外資系企業の構造改革コンサルティング、キャリア開発施策、パフォーマンスマネジメント、官公庁プロジェクト責任者、人事セミナー講師等の企画立案・運営を歴任。

著書:『「働かないおじさん問題」のトリセツ』『ネガティブフィードバック』『「働かないおじさん」はなぜ「働けない」のか?』『雇用調整の考え方と進め方』


開催概要

日時 2022年1月19日(水)14:00~16:00
会場 オンライン開催(Zoom)
費用 無料
注意事項 ・同業企業からのご出席はご遠慮ください。
・貴社の情報セキュリティポリシー等によりWEBセミナーツールが利用できない場合があります。予めご了承ください。
・撮影、録音、講演コンテンツの再利用目的の参加はご遠慮ください。
・上記セミナーの内容は当日、多少の変更をする場合がございます。
・お申し込み受付締め切りは、開催前営業日9:00AMです。

CONTACT

人材育成・組織開発/人事コンサルティングについて

TOP