アーカイブ ジョブ型人事制度導入前後の施策とは

制度導入の落とし穴、他社事例から学ぶ施策推進

VUCAの時代に突入し、現代において企業をいかに存続させていくか、この大きな課題を抱えている企業が多くなりました。ニューノーマル時代に突入する前から経団連や自動車業界トップの社長から出された衝撃的なメッセージ、それは『日本型終身雇用の限界』です。いわゆるメンバーシップ型を良しとしていた日本企業は今後ジョブ型の制度選択を本格的に迫られてきている時代になりました。大手日系企業を中心にジョブ型人事制度を導入し始めていますが、この流れに安易にのってしまうと思わぬ落とし穴に遭遇し、制度が崩壊していきます。

本セミナーにおいては、そもそもジョブ型人事制度が日本に必要になってきた背景から、制度導入前後で必要な人事施策を既にジョブ型人事制度を導入している企業事例から分かりやすくご紹介いたします。

おすすめします

  • ジョブ型人事制度の導入を検討されている企業様
  • ジョブ型人事制度を導入しているが、施策面でお悩みをお持ちの企業様
  • ジョブ型人事制度を導入済みでこれから人事施策を検討されている企業様

notomi.jpg講師:納富 大典(のうとみ だいすけ) 
マンパワーグループ株式会社 ライトマネジメント事業本部 
タレントマネジメント営業部 部長

大手メーカに入社後、同社にてメイン業務他、コーチング資格を取得し、組織内の風土改革を担当。人材サービス会社へ転職後、多くの企業の育成・組織改革施策支援を実施し、研修登壇も行う。その後、マンパワーグループに入社し、現職に至る。主に組織変革や次世代リーダー育成、研修体系構築等を中心にコンサルティングを実施。


開催概要

注意事項 ・貴社の情報セキュリティポリシー等によりご利用できない場合があります。予めご了承ください。
・撮影、録音、講演コンテンツの再利用目的の参加はご遠慮ください。

CONTACT

人材育成・組織開発/人事コンサルティングについて

TOP