About任期制退職予定自衛官の
就職支援について

自衛隊は組織の精強性を保つため、多くの自衛官が50歳代半ば(若年定年制自衛官)20歳代~30歳代半ば(任期制自衛官)で退職することとなっています。

そのため、多くの自衛官は、退職後の生活基盤を確保するべく、再就職が必要となります。

その自衛官の再就職の支援は、雇用主たる、国の責務であり、自衛官の将来への不安の解消や、優秀な人材確保の観点からも、国は退職予定自衛官の就職援護を重要視しており、職業訓練や雇用情報の有効活用などの就職援護を行っています。その中でも、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)及び愛知県に就職を希望する任期制自衛官の就職援護は、効果的かつ的確に進めるため、防衛省より業務委託を受けた民間委託による就職援護を行っています。

就職支援サービスの詳細はこちら
任期制自衛官 就職援護 お役立ちガイド イメージ画像 自衛隊の皆様
任期制自衛官 就職援護 お役立ちガイド
サービス詳細はこちら
企業の皆様 イメージ画像 企業の皆様
企業登録をご希望の際は、
こちらからお進み下さい。
サービス詳細はこちら

Recommendおすすめ記事

面接あるある編その①「服装や態度」POINT:第一印象って本当に大事です。   お盆休みはゆっくりされましたか? 首都圏の合同企業説
履歴書の位置付けは?POINT:採用担当者は皆さんが想像する以上に履歴書を熟読しています 私が学生の時に就職活動をしていた時のこ
合同企業説明会の採用担当者の「目線」POINT:好印象と悪印象は記憶に残るのでその後の選考に影響する   今回は合同企業説明会で採用担当
採用担当者の役割を理解しよう!POINT:採用担当者は「自社の価値観や求める人材像にマッチした人」を「必要な人数」採用する仕事  
就職援護とインターネットでの就職活動の違い1、就職援護の特徴とメリット 防衛省は任期満了を迎える皆さんの就職を重要視し、皆さんの就職援護を行っているこ
民間企業が自衛官に求める人物像・スキル就職活動を始める際に「民間企業に採用されるのだろうか?」と不安な気持ちになる方もいます。今回の記事は民間企業が皆さ
初めての新卒・若手採用を成功させるためのポイント少子高齢化で若い世代の人口が減っている中で、企業が継続的な成長を遂げていくうえでは、若者世代を確保して育成していく
新卒採用のコストを削減する7つの方法少子高齢化による労働力不足が問題となる日本社会においては、新卒社員の獲得競争もヒートアップしています。こうした中で
企業が任期制自衛官を採用するメリット採用コストや新人育成コストを抑えながらも、優秀な人材を採用したい企業にとって注目したいのが任期制自衛官です。どのよ
記事一覧はこちら