1. TOP
  2. 特集記事
  3. 就職援護とインターネットでの就職活動の違い

就職援護とインターネットでの就職活動の違い

自衛隊向け

1、就職援護の特徴とメリット

防衛省は任期満了を迎える皆さんの就職を重要視し、皆さんの就職援護を行っていることは既にご存知のことだと思います。実はこれってかなり特別なことなのです。

通常就職活動や転職活動を行う場合は、一人でインターネットなどから企業情報や求人情報を収集し、履歴書や職務経歴書を作成して、面接の準備を行うのが一般的です。

困った時に気軽に相談できる人が家族や友人に限られてしまいますね。

一方で就職援護は各部隊の援護担当者や各地本の援護担当者が、就職補導教育及び職業適性検査、キャリアカウンセリング、求人情報の提供、面接等支援、職業紹介、定着支援まで組織として実施してくれます。

*首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)および愛知県の就職援護は民間委託されています。

まずは就職援護の特徴とメリットを整理したいと思います。

①就職活動全般を通じて良き相談者がいる

就職援護が開始されると皆さんに専任の就職支援アドバイザーが担当になります。労働市場をよく知っている就職支援アドバイザーが良き相談役となりますので、就職活動全般を通じておひとりおひとりの意向に沿った的確な情報を収集することができます。

②皆さんを想定した求人情報を収集することができる

就職支援アドバイザーとは別に求人を開拓する担当者が企業へ求人開拓活動をしています。

弊社は首都圏と愛知県で約7,000社の取引先のネットワークを活用するだけでなく、更に、過去就職援護を受けた方々の就職の志向や実績データ、昨今の労働市場のトレンドを踏まえて新規の企業開拓活動もしています。皆さんに提供される求人情報は、任期制自衛官である皆さんを想定して開拓した求人情報なのです。

2、インターネットでの就職活動の違い

インターネットで検索すると「●●ナビ」とか求人検索サイトがたくさんありますね。 求人情報の収集はネットで簡単にできますし、「どんな求人があるのか」について情報収集することは労働市場を知る上で非常に良いことだと思います。

では、就職援護を通じて提供される求人情報とインターネットで収集できる求人情報との違いについて整理したいと思います。

①軸足の違い

先ほど記載の通り、就職援護を通じて収集できる求人情報は任期制自衛官である皆さんを想定しています。国を守る為の任務や生活、任期満了の時期について皆さんに理解のある企業であり、任期制自衛官の皆さんのために開拓している情報です。一方、インターネットで収集できる求人情報は、広告費や紹介手数料を企業からお金をもらう仕組みになっています。つまり企業のために掲載している情報なのです。

②競合の違い

誰でも検索できるインターネットであるが故に、登録さえすれば仕事を探している人であれば誰でも情報収集や応募ができます。一方就職援護を通じて収集できる求人情報は任期制自衛官の皆さんを採用したい求人情報が数多くあります。誰でも見ることが出来る情報と皆さんだけが見ることが出来る情報だと就職活動において競合する人数が大きく変わってくるのです。

今回は就職援護とインターネットでの活動に違いをまとめました。こう考えると就職援護を受けることはデメリットがひとつもなく、メリットが多いことが分かりますね。

今回の記事は以上です!

Recommendおすすめ記事
就職援護とインターネットでの就職活動の違い1、就職援護の特徴とメリット 防衛省は任期満了を迎える皆さんの就職を重要視し、皆さんの就職援護を行っているこ
民間企業が自衛官に求める人物像・スキル就職活動を始める際に「民間企業に採用されるのだろうか?」と不安な気持ちになる方もいます。今回の記事は民間企業が皆さ
初めての新卒・若手採用を成功させるためのポイント少子高齢化で若い世代の人口が減っている中で、企業が継続的な成長を遂げていくうえでは、若者世代を確保して育成していく
新卒採用のコストを削減する7つの方法少子高齢化による労働力不足が問題となる日本社会においては、新卒社員の獲得競争もヒートアップしています。こうした中で
企業が任期制自衛官を採用するメリット採用コストや新人育成コストを抑えながらも、優秀な人材を採用したい企業にとって注目したいのが任期制自衛官です。どのよ