1. TOP
  2. 特集記事
  3. 民間企業が自衛官に求める人物像・スキル

民間企業が自衛官に求める人物像・スキル

自衛隊向け

就職活動を始める際に「民間企業に採用されるのだろうか?」と不安な気持ちになる方もいます。今回の記事は民間企業が皆さんに求めている人材像や能力はどのようなものなのかについてまとめたいと思います。

平成 18 年 2 月に経済産業省では企業への調査をもとに、産学の有識者による委員会で「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を 3 つの能力からなる「社会人基礎力」として定義づけました。企業が職場で求める能力(社会人基礎力)の明確化を図るとともに、人材ニーズを把握するため、企業が採用や人材育成において重視する能力について調査したものです。

まずはこの社会人基礎力についてご紹介した上で、任期制自衛官である皆さんに求められている能力についてもご紹介したいと思います。

【社会人基礎力】3つ の能力と12 の能力要素

1、前に踏み出す(アクション)力:一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力

①主体性:物事に進んで取り組む力

②働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

③実行力:目的を設定し確実に行動する力

2、考え抜く(シンキング)力:疑問を持ち、考え抜く力

①課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力

②計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力

③創造力:新しい価値を生み出す力

3、チームで働く(チームワーク)力:多様な人々とともに、目標に向けて協力する力

①発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

②傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力

③柔軟力:意見の違いや立場の違いを理解する力

④状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

⑤規律性:社会のルールや人との約束を守る力

⑥ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

これらの3つの能力と12の能力要素が社会人基礎力として、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力だと言われています。これらの能力や能力要素の中で「自分はこの能力は得意だな」「自分が成果を発揮した際に活用した能力要素はこれだな」と思う能力があれば、ご自身の強みとして就職活動でPRしましょう。

また日々求人開拓活動をしている中で、多くの企業が求めている任期制自衛官である皆さんの能力要素としてはこれら3つが多いと弊社では感じています。

  • 「主体性」:これは言い換えれば「責任感」である、とも言えますね
  • 「実行力」:最後まで「やりきる」力です
  • 「規律性」:組織のルールや約束を守る力です

皆さんが日々当たり前のように発揮している能力や能力要素が、実は社会人基礎力として民間企業からも求められていることがおわかり頂けたことと思います。

自信を持って就職活動に挑みましょう!

今回の記事は以上です!

Recommendおすすめ記事
就職援護とインターネットでの就職活動の違い1、就職援護の特徴とメリット 防衛省は任期満了を迎える皆さんの就職を重要視し、皆さんの就職援護を行っているこ
民間企業が自衛官に求める人物像・スキル就職活動を始める際に「民間企業に採用されるのだろうか?」と不安な気持ちになる方もいます。今回の記事は民間企業が皆さ
初めての新卒・若手採用を成功させるためのポイント少子高齢化で若い世代の人口が減っている中で、企業が継続的な成長を遂げていくうえでは、若者世代を確保して育成していく
新卒採用のコストを削減する7つの方法少子高齢化による労働力不足が問題となる日本社会においては、新卒社員の獲得競争もヒートアップしています。こうした中で
企業が任期制自衛官を採用するメリット採用コストや新人育成コストを抑えながらも、優秀な人材を採用したい企業にとって注目したいのが任期制自衛官です。どのよ