上司/管理職向け 部下のキャリア開発支援研修

部下のキャリア開発に関与する重要性を理解させます

管理職が、部下のキャリア開発が組織の目標管理制度と相関関係にあることを理解した上で、目標管理と連動させながら部下のキャリア目標達成プロセスやそのスキル習得を目指す研修です。限定された活躍領域やポスト不足などが課題となっている現在の労働環境の中で、組織目標を達成するために部下のモチベーションを向上させながら、キャリア開発を行うことの重要性を理解させます。また、部下それぞれが持っている価値観を把握し、考慮しながらアプローチする価値観マネジメントを学ぶことで、部下を主体的な行動へ促す動機付けの手法を手に入れます。

[部下のキャリア開発支援と目標管理制度との相関]

[部下のキャリア開発支援と目標管理制度との相関]

こんな課題はありませんか?

  • キャリア開発は自己責任で行うべきだという認識が管理職にあり、組織として部下のキャリア開発が進まない。
  • 部下のキャリア開発と事業目標の達成に関連性が見いだせず、管理職の優先順位が上がらない
  • 管理職として、価値観の異なる部下のキャリア開発目標の設定方法がわからない

導入メリット

部下のキャリア開発の重要性が認識でき、管理職の姿勢を改めさせることができます

組織全体でキャリア開発が必要だということを理解してもらうことで、部下に対するキャリア開発支援行動が管理職としての要件であることを管理職に認識させることができます。管理職が積極的にかかわることで、組織全体としてキャリア開発が加速します。

組織の目標達成と部下のキャリア開発の相関関係をはっきりさせ、その意義を明確にします。

仕事の達成基準である目標管理制度と価値観に基づいた部下のキャリア開発の位置づけを理解し、それらに管理職がどう関わるべきなのか、全体的な相関関係が理解できます。目標管理制度に部下のキャリア開発が大きく貢献することを認識し、管理職が積極的にキャリア開発に関与していくよう促します。

価値観を考慮したアプローチが効果的であることを学び、キャリア開発目標の設定手法が理解できます。

仕事において大切にしたいと思うことは価値観によって異なります。この価値観の違いを認識した上で、企業の目標管理制度とキャリア開発それぞれを関連づけながら中長期的なキャリア開発目標を設定する手法が学べます。研修では、部下ごとのキャリア開発計画まで作成します。

  • お問い合わせはこちらから
  • セミナー情報はこちらから
ページの先頭へ戻る
© 2013 MANPOWERGROUP CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.