よくあるご質問

GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムに関して、寄せられたご質問の中からよくある質問についてご紹介します。

受講関連について
講座を修了するにはどれくらい学習が必要ですか?仕事と勉強を両立できますか?
受講条件はありますか?
英語の能力は必要ですか?
申し込もうと思ったコース日程で、どうしても一日だけ都合がつかないことがわかっています。どうしたら良いですか?
資格関連について
2級キャリアコンサルティング技能士とGCDF-Japanキャリアカウンセラー資格はどう違うのですか?
GCDF資格取得後の継続学習とはどのような学習ですか?必ずしなければなりませんか?
民間資格(GCDF)と国家検定の違い、関係を教えて下さい。

受講関連について

講座を修了するにはどれくらい学習が必要ですか?仕事と勉強を両立できますか?
トレーニングは約3か月(通学12日間/各回9:30~18:30)+ホームワーク49時間、合計145時間のプログラムです。第12回目の講義を含む10回以上の講義出席で修了証が発行されます。通学での学習中心でホームワークは計画的に進められるスケジュールになっています。受講者様のほとんどはご自身のお仕事と両立して勉強をしています。
受講条件はありますか?
受講にあたっての資格条件はございません。授業は体験学習を中心とした少人数のコース担任制で、体系的に知識・スキルを獲得できる進行となりますので経験が少ない方でも安心してご参加いただけます。ただし、GCDF-JAPANの認定資格を受けるためには、「キャリアに関する実務経験」が必要です。
英語の能力は必要ですか?
テキストやカリキュラムは全て日本語です。また、資格試験についても全て日本語で行われます。
申し込もうと思ったコース日程で、どうしても一日だけ都合がつかないことがわかっています。どうしたら良いですか?
原則「指定コース」での受講をお願い致します(第1回目は必ず出席してください)。 やむを得ずコース日程を変更される場合には、カウンセリング実技の1〜6(第2回、第3回、第5回、第7回、第9回、第10回目)以外の日程は2日程まで、かつ、コース開始日の前々日(事務局受付時)までにご連絡頂いた場合、無料で日程を調整させていただきます。3回以上 の日程変更は、手数料5,000円(税別)/1日が発生いたします。

カウンセリング実技の受講日程変更はプログラム運営上できません。やむを得ぬ理由により、カウンセリング実技を変更する場合、25,000円(税別)/1日の変更手数料がかかります。また、カウンセリング実技の1~6(第2回、第3回、第5回、第7回、第9回、第10回目)は受講順番の変更はできません。

指定コース以外への受講日程変更を行う場合の有効期間は、原則、受講開始月から1年以内に開講するコースまでとします。やむを得ない事情により、その期間を超えての受講日程変更をお申し出の場合は、1年間に限って延長とします。ただし、その場合の変更手数料は、変更回数に関係なく、10,000円(税別)/1日(※カウンセリング実技を除く)とします。カウンセリング実技の変更手数料はそれまでと変更ありません。さらにそれ以上、期間が空く場合には失効したとみなし、プログラムを全て受講していただくこととなります。 受講日程変更は、受講カウントとなりますが、原則オブザーブの形式での参加となります。

資格関連について

2級キャリアコンサルティング技能士とGCDF-Japanキャリアカウンセラー資格はどう違うのですか?
2級キャリアコンサルティング技能士は国家技能検定、GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格は、国が定めた「標準レベルキャリア・コンサルタント」認定を受けた民間資格です。標準レベルキャリア・コンサルタントの有資格者には、2級キャリアコンサルティング技能検定受験の際に必要となる相談実務経験の減免(5年以上→3年以上)等の優遇措置もございます。
GCDF資格取得後の継続学習とはどのような学習ですか?必ずしなければなりませんか?
GCDFトレーニング時に学ぶキャリアカウンセラーとしての14のコンピテンシーに該当する内容に沿ったセミナーやトレーニングでのインプットを指します。3年ごとの資格更新手続きを行うためにも必要な学習です。外部研修や通信教育の受講、職場単位でのケース検討会やプログラムの受講など、さまざまな継続学習機会を通じて、学び続ける姿勢が求められます。
民間資格(GCDF)と国家検定の違い、関係を教えて下さい。
A. GCDF資格=国が定めた「標準レベル キャリアコンサルタント」認定(2016年3月末まで)を受けた民間資格の1つであり、キャリアカウンセリング協会が運営を行っています。 国家検定=1級キャリアコンサルティング技能士(指導レベル)、2級キャリアコンサルティング技能士(熟練レベル)は、キャリアコンサルティング技能検定試験に合格することが必要です。技能検定試験は、キャリア・コンサルティング協議会が運営を行っています。詳しくは、厚生労働省のホームページ「5.「キャリアコンサルタント」になるには」からご確認ください。 GCDF資格を取得されている場合、キャリアコンサルティング技能検定受検資格の相談実務経験の減免(2級:5年以上→3年以上、1級:10年以上→8年)等の優遇措置がございます。技能検定試験については、国家検定 キャリアコンサルティング技能検定のホームページでご確認ください。
  • お申し込みはこちらから
  • 無料説明会はこちらから
ページの先頭へ戻る
© 2013 MANPOWERGROUP CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.